良い餌の条件とは?

良い餌と一口にいっても、見方はさまざまです。おいしさや安全面、添加物、コストなど、あらゆる面から良質さは追求できます。ですが今回は、基本的な部分に焦点を当ててご紹介します。人間も同じですが、食事を摂るのは栄養を取り入れるためです。そこで、どのような栄養の主体になっている餌が、ドッグフードとして適しているのかに注目しました。

犬にとって理想的な餌は、高たんぱくであるものです。たんぱく質といっても、大きくは動物性と植物性に分けられます。前者は鳥、牛などの肉で、後者は大豆なども豆類由来が代表的です。そして犬の餌として適したたんぱく質は、前者の動物性たんぱく質になります。動物性たんぱく質ができる限り多く含まれるドッグフードを選んで、与えるようにしましょう。

高たんぱくな餌が良い理由は単純です。そもそも、犬が肉食の動物であるためです。野生の頃から肉を食して生きてきた動物であるため、雑食の人間と共に暮らす飼い犬であってもなお、肉主体の餌が理想的なのです。極論でいえば、肉以外必要ないといっても過言ではありません。

高たんぱくの食事には、腎臓に負荷がかかるといわれています。ですが、そもそも肉食に特化された犬の体において、その点は問題ありません。たんぱく質を消化し代謝する際、副産物として体に不要な窒素が放出されますが、腎臓において適切に尿へと変換し排出できるためです。むしろ低たんぱく食を与える方が腎臓病リスクが高まるといった研究結果もあるほどなので、高たんぱくを意識することが大切です。

参照リンク・・・【モグワン】動物性タンパク質配合ドッグフード